「半端ない」大迫選手の体の使い方

 

 

こんにちは!

 

コンソンです!

 

前回の記事では

パス回しの方法として

三角形を意識することを

書きました

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

konson021214.hatenadiary.com

で、今回も同じで

パスをもらう際の

ポジショニングに関連して

くさびのパスのもらい方に

ついて書いていきます。

 

くさびのパスというのは、

FWの選手がボールを

もらいに下がり、

ボールをキープするか

近くの選手にパスして

ゴールに近づくものです。

 

 

しかし、くさびのパスは

相手を背負って受けること

が多く、また、

攻撃のスイッチが入るタイミング

となるので、

もし、そこでボールを

失ってしまうと、

カウンターを食らってしまいます。

 

なので、

くさびのパスを

もらった選手はボールを

失わないことが

とても重要となるのです。

 

では、ボールを失わないために

どうすればいいのか?

 

そのコツを今回は

あなただけに

伝えます!!

 

あなたの顧問先生は

わざわざくさびのパスの

もらい方など

教えてくれますか?

 

 教えてくれませんよね

 

なので、

ここで身につけて

周りの選手と差をつけ、

レギュラーの座を

獲得して下さい!!

 

では、

一つ目は、、、

 

 

体重を相手に預ける

 

ということです。

 

どうしても重心が前掛かりに

なっていると、

後ろから押されたときに、

簡単にバランスを崩してしまいます。

 

なので、重心を後ろにし、

相手にもたれるようにして、

簡単にバランスを崩されない

ようにします。

 

また、

相手に体重を預けることで、

相手は身動きが取れなくなります。

 

W杯観ていた人はわかると

思いますが、

大迫選手はくさびのパスの

もらい方が上手いです。

 

f:id:ryo021214:20180711034151p:plain

 

この写真をみてわかる通り、

重心を低く、後ろにし、

相手に体重を預けています。

 

DFはボールから遠ざけられ、

簡単に奪えず、

大迫選手はしっかりと

ボールキープしています。

 

DFは無理に前に出ようとすると、

手を使わざしかなく、

ファールになることが多いです。

 

では、二つ目です。

 

二つ目は、

 

ボールをもらう時に

先にDFと接触する

 

ということです。

 

ちょっとわかりにくいですよね

 

どういうことかというと、

どうしてもボールをもらうときに

下がりながら動きながら

もらってしまいますよね。

 

そうしてしまうと、

トラップが難しくなってしまい、

トラップミスをしたり、

DFをきちん押さえてないと、

インターセプトされてしまいま。

 

そこで、ボールをもらうときに

パスのコース上に入ったら、

もらいに下がるのではなく、

先にDFに体を入れ、

先ほどの写真のような形を

作ります。

 

そして、ボールがきたら

相手と遠い方の足で

トラップします。

 

そうすると、

トラップする際は

止まっていますので、

トラップミスも減りますし、

DFも押さえ込んでいるので

前に出られる心配はありません。

 

これをする際の

私なりのアドバイスですが、

手を上げて相手DFの存在を

把握しておくことです。

 

味方からパスをもらう際、

後ろを見ていますよね。

 

だから、

自分をマークしているDFが

どこにいるかわからなくなります。

 

どこにいるのかわからないと、

DFに先に体をいれようとしても

できません。

 

そのために自分の手を

相手の胸の高さくらいに上げ、

後ろを向いている状態でも

相手の位置を把握し、

パスがきたら、

相手DFに体をいれ、

体重を預けた状態を作り、

ボールを受け入れます。

 

これができれば

くさびのパスを失わずに、

次の攻撃に移れるはずです。

 

FWとして、

タメを作れることは

とても大きな武器となります!!

 

コツをまとめると、

 

体重を預ける

 

先に体を入れる

 

です。

 

そして、イメージをしては

先にボールを受け入れる形を

作るということです。

 

是非これマスターして、

FWとしての武器を

手に入れてください!!

 

 

質問等ございましたら、

お気軽にどうぞ

 

ほかにもサッカーに関しての

情報がありますので、

一気にすべてをマスターするのは

難しいと思うので、

読者登録して

一つずつマスターしていって

みてください!!

 

どうも!

 

コンソンでした!

 

 

 

 

 

 

 

 

面白いようにパスが回せるようになります

 

 

こんにちは!

 

コンソンです!

 

日々の部活、お疲れ様です!!!

 

サッカーやってて

こんなこと思ったことないですか?

 

「パスがうまく回らないなー」

「なんでこっちはうまく

 パス回しできないのに

 相手はスルスル

 回せるのかなー」って

 

 相手が上手ければ上手いほど

パス回しが上手ですよね

 

けど、それって単に

技術が高いからでしょうか??

 

確かに技術の高さも

一つの要因ですが、

パスを回す際に

もっと重要なことが

あるのです!!

 

上手い奴らは

これを知っていて

上手くパスを回しています 

 

これを

あなたが身につけることが

できれば、

嘘のように

パスがスルスル回って、

ゴールチャンスを

多く作ることができます!

 

しかも、

パスが上手く回せるようになれば

ボールポゼッションが上がり、

相手はボールを追って疲れ、

こちらは体力を温存させながら

落ち着いた試合運びを

することができます。

 

f:id:ryo021214:20180711022834j:plain

その方法とは、、、、

 

三角形を意識する

 

 

ということです。

 

パスをもらう際に

この三角形を意識するだけで

パス回しは

劇的に変わります。

 

どういうことか

詳しく説明していきますね。

 

三角形とは

相手DFが形成する

三角形のことです。

 

バルセロナなどの試合を

観るとわかりやすいのですが、

相手の三角形に入ることで、

マークの受け渡しなどが

曖昧になり、

どっちつかずの状態になり、

フリーになることができるのです

 

で、その三角形に

タイミングよくはいって、

ワンタッチツータッチで

素早くはたいて、

また動き直して、

違う三角形にはいる、

の繰り返しです。

 

このときの注意点は、

三角形にはいって

パスをもらった時に

長くボールをもたないと

言うことです。

 

パスをもらった時は

フリーといっても

近くには三人のDFがいます。

 

そのため、

もたもたしていると、

囲まれてしまいます

 

なので、前もって

パスを出すところを決めて、

フリーなので、

焦らず落ち着いて

パスを出すのが

ポイントです。

 

また、三角形を意識するのは

相手の三角だけではなく、

味方との三角形も

意識する必要があります。

 

皆さん、3対1で

ボール回しを

したことありますよね

 

いわゆる馬鹿回しですが、

これを試合中に意識します。

 

想像してみてください。

 

3対1の場合、DFの人が

片方のコースを切ったとしても、

片方のコースはあいてますよね。

 

正直、広さなどの制限がなければ

永遠に回せます。

 

これを意図的に

3対1の局面を

連続して作ることが

できればパスは

面白いように回ります。

 

文字だけで説明しても

イマイチわかんない

という人向けに

わかりやすい動画が

あったので、

載っけておきますね。

 

是非参考にして、

明日の練習から

三角形を意識してください!!

 

 

質問等ありましたら、

どしどしお願いします。

 

ほかにもサッカーに関しての

情報がありますので、

読者登録して

是非読んでみてください!!

 

どうも!

 

コンソンでした!

 

【動画あり】いとも簡単に魅せるシュートを決める極意

こんにちは!

 

コンソンです!


いとも簡単に魅せるシュート決める極意

とは、


ズバリ、ループシュートです!、

 

今回は、

 私の必殺技ループシュートの極意を

お話します。 


なぜ、ループシュートなのか??


あなたがループシュート

身に付けるべき理由を

お教えいたします!


それは、

ループシュートが決まると

とてもファンタスティックに

見えるからです!


あなたは

「ファンタスティックだ!」

「芸術的だ!」

「テクニシャンだ!」

と、周りから言われたくないですか?


言われたいですよね


ループシュートはそれらを

可能にしてくれます。


あなたも思いませんか?


ループシュートが決まると

「おぉー」と観客が湧いたり、

「アイツ上手いなー」となると思います。


それは単に

ループシュート

高度な技術が必要で

難しいシュートだからでしょう。。


実はそうでもないんです!


条件さえ揃えば

ループシュートはとても簡単で

決めやすいシュートなんです。


ループシュートにとって、

一番大事なのは、 
キーパーの位置です。 

キーパーの位置が悪ければ、

多少シュートが悪くても簡単に入ります。 

キーパーの位置をよく見てください。

前にでていれば、迷わず狙いましょう。 

f:id:ryo021214:20180701124954j:plain


基本的にキーパーは

真後ろに動くという行為が苦手です。 
というか、人の機能として、

飛んでいるボールを見ずに

いったん激走するという判断ができません。 

不思議です。

だからちょっと走ればとれそうなループでも

キーパーはボールを見ながら

後ろに下がっていくので、

とれるボールもとれなくなるのです。 

キーパーは真後ろに弱い。

覚えておいてください。 

できるだけ、3次元でキーパーの位置を

とらえることが大切です。 

また、ループシュートには力はいりません。

パスをできる人なら、

誰でもループシュートは打てます。

あれはシュートというよりは、

ゴールにパスをするような感覚です。 

キーパーの上にパスをする、

強さなんて弱くてよいのです。


それがループシュートだからです笑


もちろん弱すぎてもいけませんが、

そんなに強いシュートを打つ必要はありません。


それでも、キーパーがとれないのです。

というか、とれない位置にいるときに打つのです。 

だから、何よりもキーパーの位置の確認が

重要なのです。 

ボールよりも早く動ける人はいません

弱いボールでも、

そう簡単に追いつけません。 

ひとが一瞬に動ける範囲なんて知れてます。 

ループシュートは簡単です。

ぜひ失敗を恐れずに繰り返し狙ってみてください。

何度も言います。

大事なのはキーパーの位置です。 

シュート力ではありません。 

あんな簡単なシュートで

みんなにすごいと思われるのは、

とてもおいしいですよ。
ほんと、打てるようになればわかります。

お勧めで、しかも簡単なテクなので、

ぜひご利用ください!! 

 

 

 


【サッカー】ファンタジスタの芸術的ループシュート集!

 

今回はここまで!


最後まで読んで

いただきありがとうございました!


どうも!


コンソンでした!

 

サッカーがうまくなるには心を変えろ

 

こんにちは!

 

コンソンです!

 

今回書くことは

サッカーに

限らないのですが、

本当に本当に

大切なことです!

 

ぶっちゃけ

心(マインド)を変えれば

サッカーはめちゃくちゃ上達します

 

f:id:ryo021214:20180701124841j:plain

が、多くの人が

よいマインドを持っていなく、

成長できていないのが現状です。

 

かくゆう、

高校時代の私も本当に未熟で、

すべてを何かのせいにする大馬鹿野郎でした

 

こんな言葉があります。

 

心が変われば行動が変わる

 

行動が変われば習慣が変わる

 

習慣が変われば人格が変わる

 

人格が変われば人生が変わる

 

つまり、すべては心を変えることから

始まると言うことですね。

 

そして今回は多くの大切な

マインドセット(心の持ち方)の中でも

特にサッカー上達に大切なマインドセット

1つをご紹介します。

 

それは、、、

 

 

すべては自分の責任がある

 

というマインドセットです

 

どういうことかなのかと、

何か自分にマイナスなことがあっても

他人のせいにするな!ということです。

 

「そんなの当たり前じゃん!!」

 

と思われた方もいるかもしれません

 

が、これが多くのサッカーを

やっている選手がなかなか

もつことのできないマインドセット

なのです。

 

なぜならば、サッカーは

なにかのせいにしやすい

スポーツだからです。

 

ミスがあっても相手が強いからとか、

味方のパスが悪いとか、審判が悪いとか、

グランドが悪いからとか。

挙げ句の果てに親に当たったり。

 

とにかく何かのせいにしやすいのです。

 

なので、そういった選手は

とにかく練習中や試合中に

文句ばかり言ってしまいます。

 

普通に考えて、

なにかのせいにばかりしている選手が、

自分を成長させることが

できるわけないですよね?

 

何かのせいにしていると言うことは、

つまり、言い換えれば、自分の人生を

周り次第と言っているのと

同じと言うことです。

 

逆に自分に責任があると思える人は、

自分の人生は自分次第と考えられる

ということです。

 

自分の人生は自分でかじをとる

ということですね

 

つまり、サッカーがうまくなるもならないも

自分次第と言うことです

 

そういった選手は間違いなく成長します。

 

あなたも自分を見つめ直して

みてください。

 

少しでも不平不満を言っているのであれば、

それは何かのせいにしているという

可能性があります。

 

何かのせいにはしません。

 

すべて自分に責任があるのです。

 

思考一つで、その人のとる行動は

変わります

 

あなたの日々とっている行動は

自分の人生のかじを

とっている行動でしょうか??

 

今回はここまでです。

 

最後まで読んで

いただきありがとうございました。

 

どうも!

 

コンソンでした!

 

【動画あり】タイミングを悟られないシュート法

こんにちは!

 

コンソンです!

 

突然ですが、

よくある助走って

助走の最後の一歩を

大きく踏み込みますよね。

 

f:id:ryo021214:20180701123704j:plain

強いシュートを蹴ろうとした場合、

助走を取り、

最後の一歩を大きく踏み込むことが

効果的です。

 

そのためにこの蹴り方を

繰り返し練習し、

体に染み込ませる

ことが多いです。

 

では、

助走の本質は何ですか?

 

それは、

 

ボールをゴールに入れることです

 

試合でシュートしようとすると、

まず相手DFが自分の近くにいます。

 

相手はシュートコースにはいって

妨害しようとしたり、

横方向や背後から

シュートを阻止しようとしてきます。

 

そのとき、大きく踏み込むことは

相手にシュートを阻止する

大きなチャンスを

与えることになります。

 

さらに大きな踏み込みは

相手GKにシュートを打つ

タイミングを教えてしまいます。

 

また、シュートコースを

読まれてしまう要因にもなります。


せっかくのシュートチャンスが

相手に当たってボールが

枠内に飛ばない


枠内に飛ばさなければ

点は入りません、


ゴール前なのに

せっかくのチャンスなのに

相手DFに足を出され

チャンスをモノにできない

そんなFWでいいんですか?


しっかりゴール前であっても

相手の足に当たらずに

枠内にボールを飛ばし

得点を量産する

そんなFWにあなたはなれます!!


 

優れたストライカーは

シュートするタイミングを

敵に知らせない方法を

取ります。

 

その方法とは

ストライカーによって、

またDF、GKの状況に

よって異なります。

 

今回は

そんな中でも

特におすすめの方法を教えます!

 

その方法とは、、、、

 

トーキックを使う

 

 

ということです。

 

トーキックは

踏み込むことなく

蹴ることができます。

 

敵のゴール前は

ピッチ上で一番

相手の妨害が激しいです。

 

大きく踏み込むことは

DFが足を出す暇を

与えてしまいます。

 

また、

トーキックは

GKはタイミングがずれ、

シュートコースが

読みにくいという

利点があります。

f:id:ryo021214:20180701123758j:plain

 

インステップで

豪快にネットに刺さるのは

爽快ですが、

ゴールを決めることを

目標とした場合、

トーキックを使った方が

何倍も入りやすいという

状況は多くあるのです。

 

わかりやすい動画あるので

紹介します。

 


【サッカー】UCLバルサ・スアレス絶妙トラップ&トーキック!

 


非常にわかりやすいと思います。


コツとしては、

膝を固定して、

膝下の振りを早くして、

ボールの中心のやや下を

蹴ることです。


トーキックをマスターすることができれば、

FWとしてのレベルをひと回り

成長することができるので、

是非マスターしてください!


 

最後まで読んで

いただきありがとうございました!


どうも!


コンソンでした!

 

 

 

 

 

 

 

ごっつぁんゴールは意図的に作れる

 
こんにちは!
 
コンソンです!
 
サッカーの試合中、
 
ゴール前で味方が打ったシュートのこぼれ
 
相手のクリアミスが
 
運良く目の前にきて、
 
たまたま点が取れた
 
という状況が
 
多々ありますよね。。

f:id:ryo021214:20180629171038j:plain

で、なんかあいつ
 
良くこぼれ球拾うよな
 
って奴いませんか??
 
今日伝えたいことはこれです!!
 
良くこぼれ球を拾えるのは
 
ただ運がいいだけですか??
 
もし、それを意図的に
 
できるとしたら??
 
ゴール前でこぼれ球を拾い、
 
空いているコースに
 
落ち着いて決める。
 
相手は運が悪かったと
 
諦めるでしょう
 
しかし、
 
あなたは意図的に
 
狙ってできているとしたら、、
 
ゴール量産間違いなし!!
 
その方法は、、
 
 
常に考えて動く
 
ということです。
 
つまり
 
右足の力が強い選手が
シュートを打った場合、
ダフったらこっちに
くるなとか、
身長の高い選手が競ったら、
裏に流れちゃうなとか。
 
常に点を取るためにはどうするか。
周りをうまく使いながら選手を
見ながら考える
 
これを意識して
日々の練習に
取り組んでください
 
最後まで読んで
いただきありがとうございました。
 
読者登録も忘れずに!!!
 
 
どうも!
 
コンソンでした!
 
 
 
 
 
 
 
 

スルスル抜けるドリブルを身につける

こんにちは!  

 

コンソンです!

 

あなたはドリブルがうまくなりたいですか?

 

ドリブルがうまくなりたくない人なんて

いませんよね??

f:id:ryo021214:20180628130817j:plain

 

では、

 

あなたはドリブルがうまくなるために

 

特別な練習をしていますか??

 

してない人が多いのではないしょうか?

 

センスがないと諦めていませんか?

 

ドリブルがうまくなるために

何をすればいいかわからない??

 

 

安心してください!!!!

 

そんなあなたのために

私から

確実に

今よりも

ドリブルがうまくなる方法

を伝授します!!

 

しかも、

家にいながらでも

できます!!

 

これまで「ドリブルが下手だ」と

 

言われてたあなたも 

スルスルと抜けるような 

ドリブルを 

身につけましょう

 

それは、、

 

 

うまい人のプレーを

真似する

 

ということです。

 

サッカー上手はモノマネ上手

といわれるほど

サッカーにおいて

真似をすることは

とても大事なことです

 

うまい人のプレーを

見ることによって

想像力を豊かにすることが

できます

 

想像力を豊かにする

というのがとても重要で

想像力を豊かにすることで

技の引き出しを増やし

その状況下であった選択を

できます。

 

プロの選手も

中にはこエラシコラボーナ

いった観客を魅了するような

ドリブラーもいますが

多くはボールの使い方

体の使い方、緩急を

使って抜いていきます。

 

それを意識して

ドリブル集といった動画を

みることで

スルスル抜けるドリブルは

身につけることができます

 

そこで

僕がもう何度も何度も

観たおすすめの動画を

紹介します


【リオネル・メッシ】緩急の付け方が抜群!無双レベルのドリブル集 20シーン厳選

 

メッシは派手な技は

使わず、

緩急、ボディーフェイントを

巧みに使い

スルスル抜いていきます

 

とても参考になると思います

 

こういうドリブル集など

観ると、自分もできるんじゃないかと

気持ちが高ぶりませんか

 

是非自分の好きな選手、動画

を見つけて、

メンタルを高く維持し、

あなただけのドリブルを

身につけてください!!

 

最後まで読んで

いただきありがとうございました。

 

ほかにもいい動画あるので、

質問等ございましたら

お待ちしております。

 

 

どうも!

 

コンソンでした!