くさびをうける

 

 

こんにちは!

 

コンソンです!

 

前回の記事では

パス回しの極意として

三角形を意識してもらうことを

書きました

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

で、今回も同じで

パスをもらう際の

ポジショニングに関連して

くさびのパスのもらい方に

ついて書いていきます。

 

くさびのパスというのは、

FWの選手がボールを

もらいに下がり、

ボールをキープするか

近くの選手にパスして

ゴールに近づくものです。

f:id:ryo021214:20180711034151p:plain

 

しかし、くさびのパスは

相手を背負って受けることが多く、

また、

攻撃のスイッチが入るタイミングとなるので、

もし、そこでボールを失ってしまうと、

カウンターを食らってしまいます。

 

なので、くさびのパスを

もらった選手はボールを

失わないことが

とても重要となるのです。

 

 

 

 

 

 

 

ボール回しの極意

 

こんにちは!

 

コンソンです!

 

バルセロナのような

ボール回しが

できるようになる

方法があります。

 

そんなわけないって??

 

実はあるんです!

 

これを

あなたが身につけることが

できれば、

嘘のように

パスがスルスル回って、

ゴールチャンスを

多く作ることがあります。

 

f:id:ryo021214:20180711022834j:plain

その方法とは、、、、

 

三角形を意識する

 

 

ということです。

 

パスをもらう際に

この三角形を意識するだけで

パス回しは

劇的に変わります。

 

どういうことかというと、

 

パスをもらう際に

 

DFの間に入ってもらうのです。

 

なぜかというと、

 

あなたをCBの1人が

 

マークしていたとします。

 

で、あなたがサイドに

 

流れます。

 

すると、マークしていたCBは

 

サイドに流れたので

 

サイドバックに任せようとします。

 

しかし、あなたが

 

微妙なポジションにいたら

 

サイドバック

 

自分のマークではないと

 

思い、あなたはフリーの

 

状態になるのです。

 

つまり、DFの間

 

微妙なポジションを取ることで

 

DF間でマークの受け渡しが

 

うまくいかず、

 

どっちつかずの状態になり、

 

フリーになることができるのです。

 

 

 

 

 

ボールを奪われた瞬間に

 

どうも!

 

コンソンです!

 

前回の記事で

FWのディフェンスの

重要性を書きましたが、

今回もディフェンスに

関して書きます

 

まだ前回の記事を

読んでない方はどうぞ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

で、今回は

ボールを奪われた瞬間の

ディフェンスについてです。

 

FWだからといって、

ディフェンスをサボって

いいわけではありません!!!

 

きちんとディフェンスができてこそ

チームで必要とされrFWと

なるなることができるのです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前線からのディフェンス

 

こんにちは!

 

コンソンです!

 

今回は

前線からのディフェンスの

重要性を書いていきます。

 

前線からプレスを

かけることによって

相手のミスを誘い、

前線でボールを奪う

ことができれば、

ゴールへ一直線です。

 

DFのパスコースを

限定する

 

パスコースを限定できれば

後ろにいる味方は

とても守りやすくなります。

 

 

PKを確実に決める

 

こんにちは!

 

コンソンです!

 

今回は

PKでの

緊張せずに

落ち着いて決めることが

できる方法を

お教えします。

 

f:id:ryo021214:20180708024319j:plain

PKは

とても緊張しますよね

 

最後の大会で

PK戦までもつれ込んで

あなたの番まで回ってきました

 

あなたは決めきる自信が

ありますか?

 

外したら引退です

 

そうならないために

PKでのコツを

覚えておくのは

無駄ではないでしょう

 

PKでは

サッカーの技術うんねんよりも

メンタルの部分が

とても大事です。

 

PKを

落ち着いて

冷静に決めるための

コツを紹介します。

 

まず、一つ目

 

自信を持つ

 

ことです。

 

「俺は決めるんだ」

「絶対に決めてやる」

 

といった強い決意を持つことが

重要なのです。

 

つまり、自己暗示をかけるのです。

 

一瞬でも

外すかもとか

止められると

不安を感じてしまうと、

かってに自分に

プレッシャーをかけ、

自滅してしまいます。

 

ふつうに考えて、

あのでかいゴールに

蹴り込むわけですから、

キッカーの方が

有利なのです。

 

だから、

自分に自信をもって、

PKに挑んでください!

 

二つ目は、

 

GKの目は見るな

 

ということです。

 

 GKの目を見ると

その雰囲気に

飲み込まれてしまいます、

 

そうすると、

どっちに蹴るとか

考えていることを

見抜かれているような

気持ちになり、

自滅してしまいます。

 

自信を持つ

 

GKの目を見ない

 

この二つを意識し、

後は自分が決めたコースに

思い切って蹴ることが

できればPKは入ります!

 

今回はここまでです

 

 

どうも!

 

コンソンでした!

 

 

 

 

 

 

サッカーを楽しむ

 

こんにちは!

 

コンソンです!

 

あなたは

サッカーを

楽しくやっていますか?

 

f:id:ryo021214:20180705114630j:plain

何事も

その物事を楽しめなければ

上達しませんし、

長続きできません。

 

好きこそものの上手なれ

 

という言葉がありますよね。

 

私はこの通りだと思います。

 

好きなことだから

やることに対して

苦にならずに

努力できると思います。

 

あなたは

サッカーが好きですよね

 

だって

小学校、中学校、高校と

サッカーを続けているからです。

 

辞めようと思えば

辞めれたはずです。

 

どうしても

日々の部活が、

きつかったり

だるかったりして

サッカーを

楽しめていないのでは

ないのですか?

 

どうせやるんだったら

楽しくやった方がいいですよね

人一倍サッカーを

楽しんでください!

 

サッカーを楽しんで

うまくなりましょう!

 

 

どうも!

 

コンソンでした!

 

 

 

 

 

 

 

 

センタリングに合わせる方法は○○

こんにちは!

 

コンソンです!

 

前回、

ヘディングシュートのコツに

関して書きました。

 

 

konson021214.hatenadiary.com

 

しかし、

いくらヘディングシュートが

うまくなっても、

センタリングで

うまくポジションを

とらなければ

ヘディングシュートを

決めることはできません。

f:id:ryo021214:20180705110802j:plain

 

そこで、今回は

センタリングでの

ポジション取りについて

書いていきます

 

早速ですが

まず一つ目。

 

クロスをもらう前の動きを

わかりやすくする

 

ということです。

 

どういうことかというと、

センタリングをもらう際、

大きく分けて

二ア、ミドル、ファーの

三つのポジションがあります。

 

だから、

味方がセンタリングを上げる際、

あなたがどこのポジションで

欲しいのかを味方に

明確にわかってもらわなくては

いけません。

 

そのために

あなたはセンタリングが

上がる前に

DF、GKの状況を

前もって確認して、

どこでもらうか決めたら

中途半端ではなく

大胆にわかりやすく

動く必要があります。

 

そして、

二つ目は

 

エリア内でフリーになる

 

ということです。

 

どうしてもセンタリングが

ドンピシャで自分のところに

きたとしても、

DFがマークしていて、

うまくヘディングシュートを

することができません。

 

なので、もらう際に

DFを振り切って

フリーになっておく必要が

あるのです。

 

そのためには、

DFとの駆け引きが

必要になります。

 

DFはボールがサイドにある場合、

マークしているFWとボールを

同時にみることができません。

 

なので、DFの背後を突く動き

 

つまり、消える動きを

することで

DFの視界から消え、

フリーになることが

できるのです

 

以上二つを意識し、

センタリングからのゴールを

量産しましょう!

 

 

 

どうも!

 

 

コンソンでした!